ルテインによる効果、効能はやっぱり目

ここで言う効果はあくまでルテインという成分で一般的に言われていることです。
ルテインという成分は、サプリメントや健康食品などにも含まれていますが、そういった商品が同じように効果があるかはわかりません。
ルテインによる効果、効能はやっぱり目
疲れ目や飛蚊症、黄斑変性症などにも効果があると言われています。しかし、改善までの効果があるかどうかは不明です。もともと体内に含まれている成分ですので、それを補う意味でも重要かもしれません。

まだまだ研究中のルテイン

以前はブルーベリーやビルベリーが目に良いということで有名でしたが、最近はルテインのことをよく耳にします。
ルテインについては、まだまだ研究段階のことも多いようで、はっきりしたデータがありません。
確かにルテインの成分を摂取して疲れ目がましになった、飛蚊症が少しやわらいだなどの口コミをみかけますが、全てを鵜呑みにしてはいけません。
インターネットの情報を全て信じてはどれが正しいのかわからなくなってしまいます。
ただ、医者に行くとルテインなんて飲んでも効果はないと言われながら、どうすれば良いか聞くと、今は様子を見ましょうみたいなことを言われたりします。
逆に医者がルテインを勧めるところもあるようです。ブルーベリーの場合もありますが。
後は効果、効能を信じて、何を選ぶかというところでしょうか。

できれば食事、食品からルテインを補いましょう
サプリメントにもよく入っているルテイン。
しかし、食事からもルテインはとることができます。むしろ、出来るなら食事からとるにこしたことありません。
葉レタス、芽キャベツ、カボチャなどのにも含まれますが、ほうれん草に比べるとごく僅かです。

つまり、好き嫌いなくというのは当然ですが、意識してこういった野菜をとればルテインもとれることになります。特にホウレン草には、ビタミンCなどの栄養成分も含まれますので、いろいろな健康面でも良いでしょう。

脂溶性の成分ルテイン

ルテインという成分は脂溶性の成分です。脂に溶けやすい性質があります。水溶性というのは水に溶けやすい成分です
ほうれん草を調理するなら、油を使った調理法か、油を含む食品といっしょに食べると吸収率が良いと言われています。
サプリメントを探すのも一つですが、まずは、こういった食品、特に野菜に注目し、どのような成分が入っているかなどを調べて、毎日の献立を考えると楽しいかもしれませんし、何より健康的ですね。

飛蚊症について

目の前を浮遊物が飛んでいるように見える状態。蚊が飛んでいるように見えることから、その症状を「飛蚊症(ひぶんしょう)」と呼びます。
浮遊物の形状は糸状、小さな粒状、丸い輪、また半透明の場合もあります。眼球を動かすと浮遊物も一緒に移動します。
特に明るい場所ではっきりと見え、目をこすっても変化がなく、一向に消えてくれません。

飛蚊症は、なにかの異常を見つけるための症状の一つであって、飛蚊症自体は病気ではありません。

飛蚊症の予防とルテイン

飛蚊症の大きな原因が「目の老化」です。目の酸化を進行させる活性酸素の発生を予防させる事が一番の早道です。
若い時は、網膜に存在するルテインという抗酸化成分が対処しきれますが、加齢とともにルテインは減少し、除去しきれなくなった活性酸素が飽和状態になり目の老化が進みます。
特に、活性酸素の発生原因となる、紫外線・喫煙を極力避けましょう。
目を酷使している現代人の目の老化の低年齢化が早まる事に比例し、飛蚊症の発症も早まっています。
目を休ませる事と同時に、目の健康維持に必要な栄養成分をしっかり食事から摂りましょう。
老化防止の一番大切な事は、なんといっても栄養バランスの食事です。
特に緑黄色野菜の摂取、ビタミン群は目の老化防止には必須の栄養素です。
毎日の食事から必要量を摂取できない場合は、サプリメントでの摂取をお薦めします。

6mgとか20mg以上とかルテインの摂取量は?

ルテインの摂取量の目安でよくみかける意見が6mgを1日目安に、というものがあります。
確かに、サプリメントの中でも1日目安に6mg配合されているものをよくみかけます。
黄斑変性症や白内障などの症状改善を目的とする場合、20mg~40mgが目安という意見もあります。
これらは、研究や論文を根拠にしたもののようですので、あくまで一つの説といえるのでしょう。
医師に関しても、ルテインサプリメント自体を勧めない人もいれば、勧める人もいます。
結局何を誰を信じるかになってきます。
やはり購入された方のレビューなんかも参考にするのも一つですが、実際に購入しなくてもレビューが書けるサイトもありますので、あまり神経質になりすぎると余計にストレスになるかもしれませんので、その辺は注意が必要ですね。

もう一つ注意する点。それはルテイン以外の成分です。
成分によっては、過剰摂取になりそうなものもあります。
それは、食事で十分で摂取できているような成分です。また、他のサプリと組み合わせて飲む場合も、あわせて、どの成分をどれだけ摂れるかを考えたほうがいいかもです。

関連記事

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑